COLUMN コラム

あなたの投資信託は大丈夫ですか?

今や、販売ランキングの上位を占めるようになった、「毎月分配型の投資信託」。 先進国に投資するものから、新興国や資源国に投資するもの。また、格付けが高い債券や低格付けでも高金利の債券に投資するものなど。投資対象や、投資スタンスは千差万別です。

これらの投資信託の多くが、日本が低金利のために海外の高金利資産へ投資するものとなっています。

しかし、リーマンショックや、ギリシャショックなどを経て、海外の金融情勢(金利情勢)は数年前とは一変しています。米欧などの先進国の多くが、日本と似たような低金利となってきていますし、リートなどの利回りも歴史的な低水準となっています。

金利上昇した時には、思わぬ大きなリスクが発生する場合もありますので、注意が必要です。

海外はみんな高金利だと思い込んでいませんか?

米欧などの先進国の多くは、日本と同様、低金利になっています。

高金利の国でも、その金利が続くと決まっているわけではなく、経済情勢などの要因により、変わってしまうことに注意が必要です。

[分配金=運用の成果]だと勘違いしてませんか?

分配金は、投資信託の決算上、認められた額を分配しているのであって、その期間の純粋な利益を分配しているのではありません。

毎月分配型投信の中には、最近のデータでは分配金の額に対して運用上の利子等の収入が半分以下というものもあります。

運用上の収入以上の額を分配している場合にはどうなるの?

当然、運用資産(元本)を取り崩して分配することになるので元本が目減りしてしまいます。

SBI証券のHPからの抜粋です。ご参考にどうぞ。

COLUMN 新着コラム

  • コラム

    投資商品としての債券の魅力

    2011年10月28日(金)

  • コラム

    あなたの投資信託は大丈夫ですか?

    2011年10月27日(木)

コラム記事一覧はこちら