IFA SERVICEIFAサービス

金融商品仲介業者とは

IFA(金融商品仲介業者)とはIndependent Financial Adviserの略で、日本では独立系ファイナンシャル・アドバイザーと呼ばれることもあります。
銀行や証券会社など特定の金融機関に属さないため、お客様に対して、独立・中立の立場から資産運用のアドバイスを行えることが特徴です。

IFA(金融商品仲介業者)は内閣総理大臣の登録を受け、証券会社などの金融商品取引業者と業務委託契約を結び、お客様の注文の取次ぎを行います。
特徴としては、資産運用に関するアドバイスだけでなく、実際に業務委託契約を結ぶ証券会社の商品の提案や手続き、契約後のフォローまで、ワンストップで行えるところにあります。

お取引イメージ

お取引イメージ

ご相談からお取引の流れ(一例です)

【1】 初回面談。お客様の投資経験や知識、現在の資産運用などをお聞かせいただくと同時に、弊社の資産運用に対する基本的な考え方や方針などもお伝えし、今後、どのような方針の運用が良いのかを考えていただく時間。

【2】 2回目以降。お客様の方針や知識、ニーズに合わせて、現在の運用内容の解説や点検を行い、今後の方針などを検討していただく時間。必要があれば具体的な商品などもご提案させていただきます。

【3】 提案内容がお客様のニーズに合致していれば、証券会社との契約手続きまで対応させていただきます。

【4】 ご契約後は一定期間毎に、運用状況をご報告させていただきます。
商品購入後も、同じ担当者がしっかりフォローさせていただきます。

シェアティブのメリット

  • 顧客本位のアドバイス

    弊社は、特定の金融機関に属さず複数の証券会社と業務委託契約を結んでおります。
    そのため、ノルマに縛られることが無く、お客様の立場や要望に沿ったご提案がしやすいと言う特徴があります。

  • 生涯のパートナーとして

    弊社は、一般的な金融機関と異なり転勤がありません。そのためお客様とは長いおつきあいができます。生涯のおつきあいだからこそ、商品を販売しただけで終わらずその後のフォローとお客様本位の提案を何よりも大事にしています。

  • 運用の相談は無料

    弊社は、証券会社と業務委託契約を結びお客様へアドバイスや提案を行っています。従って、証券会社から報酬を得ているため、お客様から相談料などの余計な費用をいただくことはありません。安心してご相談ください。

  • ヘッジファンドを組み合わせたアドバイス

    シェアティブでは、中長期の安定した資産運用を実現するために、比較的にリスク(変動率)が低めで、優秀なヘッジファンドもアドバイスの中に取り入れています。
    ヘッジファンドの運用と言えば、ケンブリッジ大学が有名ですが、日本国内の証券会社でも投資できるのが特徴です。

シェアティブIFAメンバーの紹介

シェアティブに所属するIFAメンバーをご紹介いたします。

蕪木 大

プライベートバンキング・コーディネーター(日本証券アナリスト協会認定)
テクニカルアナリストCMTA🄬(日本テクニカルアナリスト協会認定)

蕪木 大MASARU KABURAGI

資産運用を通じて、お客様の生涯の良きパートナーでありたい。
大学卒業後、証券会社に入社をして業界歴22年となります。
大手証券会社にて多くのお客様を担当させていただいた経験から思うのは、投機的な投資ではなく、中長期的な視点での資産運という考え方の重要さです。
現在、20年を超えてお取引をいただくお客様も複数いらっしゃいます。
資産運用を通じて生涯のパートナーに選んでいただければ幸せです。

平岡 稔光

プライベートバンキング・コーディネーター(日本証券アナリスト協会認定)

平岡 稔光TOSHIIMITSU HIRAOKA

平成2年に新卒で、地元神戸本社の三井住友銀行系の神栄石野証券に入社して以来、30年間証券のリテール営業に従事しています。今のシェアティブでは、転勤がなく、時間を味方に長期に亘って資産形成のアドバイスが出来ることが一番の強みだと思います。お客様が、資産運用において少しでも関心や知識を深めていただいて、運用でワクワクするようなご提案やアドバイスが出来ることを願っています。

PARTNERS所属金融商品取引業者

  • 株式会社証券ジャパン
  • 株式会社SBI証券
  • リーディング証券株式会社
  • エアーズシー証券株式会社
  • あい証券
所属金融商品取引業者の詳細はこちら